© Shoko Igarashi Organ Trio

2016年発売

 

注目の女性サックス奏者五十嵐祥子の1stアルバム

 「ルパン三世」のテーマに影響され、10歳よりサックスを習い始め、ジャズにも目覚めたという経歴にも目を見張った。中村誠一に師事し、17歳の頃より都内のジャズクラブで演奏を開始。2012年に渡米し、バークリー音楽大学に進学。2015年春に同校卒後を機に活動拠点をNYに移し、翌2016年に自身がリーダーのオルガントリオで本作を発表。オルガントリオを率いるというセンスも好感。3曲のオリジナルの他、ジョー・ヘンダーソンやジミー・ヒースの曲に、路上ライブで演奏していたというマイケル・ジャクソンの「I can’t Help it」をボーナストラックで収録。オリジナル「Tune」「Alarm Call」も好きだ。テナーとオルガンの相性も最高。注目の逸材です。

【The Walkerʼs 2017 Vol.50より】

【Shoko Igarashi Organ Trio "Alarm Call"】五十嵐祥子オルガン・トリオ『アラーム・コール』

¥2,200価格
アーティスト/リーダー本人の直筆サイン(¥980)
  • 1. Tune One

    2. Afro Centric

    3. Alarm Call

    4. All of You

    5. Vanity

    6. Pons

    7. I can't help it (bonus track)