© Mark Wade Music

2018年1月19日発売

 

ジャズ・ベーシスト、マーク・ウェイド・トリオ第2弾

 NYで長年活躍し続けているジャズ・ベーシスト、マーク・ウェイドが2015年に発表した『イヴェント・ホライゾン』に続くトリオ名義の第2弾。トリオのメンバーは前作と同じピアノのティム・ハリソンとドラムのスコット・ニューマン。タイトル曲の「ムーヴィング・デイ」は過去15回程の引っ越しを経験しているマーク自身の複雑で悲しくもある実体験をもとに書き上げた曲。7曲のマークのオリジナル楽曲のクオリティ、トリオの三位一体の掛け合い、スリル感とスイング感も素晴らしい。今作ではオリジナルだけでなく、2曲のカヴァー「枯葉」と「チュニジアの夜」も披露され、カヴァーもこのトリオならではの仕上がり。ジャケット写真もインパクトあり。大人のジャズ・トリオ。

【The Walkerʼs 2018 Vol.52より】

【Mark Wade Trio "Moving Day"】マーク・ウェイド・トリオ『ムーヴィング・デイ』

¥1,100価格
アーティスト/リーダー本人の直筆サイン(¥980)
  • 1. Moving Day

    2. Wide Open

    3. The Bells

    4. Another Night in Tunisia

    5. Something of a Romance

    6. Autumn Leaves

    7. Midnight in the Cathedral

    8. The Quarter

    9. In the Fading Rays of Sunlight