© Jacques Pellarin productions

2013年発売

     

フランス出身のアコーディオン奏者ジャクーズ・ぺラリンの2013年のアルバム

Karenita is the second album from the Jacques Pellarin Trio, following 2009's self-produced The Sound Of Philadelphia. It's a charming collection of lively, optimistic and happy tunes, played with exceptional style by this French ensemble; a real gem of an album that constantly surprises and delights.

(from All About Jazz)

 

【ジャクーズ・ぺラリン】

フランス出身のアコーディオン奏者ジャクーズ・ぺラリンは、2018年に日本のNHKのTV番組用に楽曲を提供しレコーディングも行っており、1990年代には日本ツアーも行っている。フランスを拠点にソロ活動を行う他、妻でヴォーカリストのコリーヌと“Jac & Co”というデュオでも活動。 

【Jacques Pellarin "Karenita"】ジャクーズ・ぺラリン『カレ二ータ』

¥2,150価格
アーティスト/リーダー本人の直筆サイン(¥980)
  • 1. Sambayana

    2. Corinazon

    3. Chacun Son Monde

    4. Romananche 

    5. Rodeo Lationo      

    6. Union Road

    7. Karenita    

    8. Comme Par Enchantement

    9. Song For Co        

    10. My Street Corner

    11. Accordeao Do Sul

    12. Latin-blues