Summit Records:DCD-750

2019年8月9日発売

 

NY発エクスペリメンタル・ジャズ・トリオのデビュー作

 女性ベーシスト&ヴォーカリストでバンドリーダー、コンポーザー、ジョージア・ウェバー率いるザ・スリーヴド・ハーツのデビュー作。ジョージア・ウェバーはオーストラリア・ブリスベン出身で、2013年からNYを拠点に活動。ギターのケンジ・ハーバート、ドラムのエルマン・ベルとのトリオで、個性的なヴォーカルと渾身&斬新のベースプレイを聴かせている。「Eleven O’Clock」「Sad Song」でのジョージアのヴォーカルは秀逸。エフェクターを通したベースとギターがサイケデリックなサウンドを醸し出す「Good Morning Heartache」や「Small Spaces」、1stシングル「House in Just My Name」は必聴。正に実験的なそのサウンドは新鮮でもある。ぜひ体感して欲しい。

【The Walkerʼs 2019 Vol.58より】

【Georgia Weber & The Sleeved Hearts "Keeping It Real"】ジョージア・ウェバー『キーピング・イット・リアル』

¥1,100価格
アーティスト/リーダー本人の直筆サイン(¥980)
  • 1. So Quite New a Thing

    2. Eleven O'clock

    3. Good Morning Heartache

    4. Pretty Good Day

    5. Sad Song

    6. Recover or Repeat

    7. Parachute

    8. Interlude

    9. House in Just My Name

    10. Keeping It Real

    11. Small Spaces

    12. The Thoughts That Give Me the Creeps

    13. Leave It With Me

    14. So Quite New a Thing (Reprise)