Jazz & People:JPCD-19007

2019年9月20日発売

 

フランク・アムサレムの12枚目のリーダー作

 素敵なジャケットからも良質なサウンドが聴こえて来そう。アルジェリア・オラン生まれでフランス・ニース育ち、1981年から米国を拠点に活動するピアニスト、フランク・アムサレムの最新作。サックスのアーヴィング・アカオはキューバ出身。ベースのヴィクター・ナイバーグはスウェーデン出身。ドラムのゴーティエ・ギャリーグはペルピニャン出身と、インタナショナルなメンバーを迎えて、フランクのピアノがバラードからファンキーなナンバー、ストレート・アヘッドな曲まで絶妙なカルテット・サウンドを聴かせてくれている。冒頭の「From Two To Five」、タイトル曲「Gotham Goodbye」、マイケル・ブレッカーに捧げたナンバー「In Memoriam」も好演。

【The Walkerʼs 2020 Vol.60より】

【Franck Amsallem "Gotham Goobye"】 フランク・アムサレム『ゴッサム・グッバイ』

¥2,000価格
アーティスト/リーダー本人の直筆サイン(¥980)
  • 1. From Two to Five

    2. A Night in Ashland

    3. Gotham Goodbye

    4. Last Night When We Were Young

    5. Baton Rouge

    6. Standard Form

    7. In Memoriam

    8. From Twelve to Four

    9. Hamsa